• 2018/04/24(火) 12:44:05

一昨日の夜から咳が出るようになった。

昨日なんざ花粉でクシャミは出るは咳は出るはであばらにヒビが入るんじゃないかと思ったほど。

今朝になって治まってたら放っておこうかと思ったのだが寝てても咳が出るようじゃしょうがない。

病院へ行ってきた。

いつも通り、病院へ行くときは一番乗り。

出来るだけ具合の悪そうな人の顔は見たくないからね。

待合室で待ってると知り合いのおばさんが来た。

母の同級生。

酒人のオムツまで変えてくれた人。

赤ん坊のころの話だよ。

おばちゃんは毎月の薬を貰いにきただけだと言う。

あんたは?と聞かれたんで風邪かもと。

小っちゃい頃から弱かったもんねぇって。

最近じゃ強いことで売ってるんだけどね。

おなか冷やしたんじゃないのとか腹巻してるかとか。

人を何歳にになったと思ってるんだろう。

いつまでも子供のつもりなんだろうね。

まぁ、有難いけど。

さっさと治しちゃお。

使わない筋肉

  • 2018/04/22(日) 14:57:50

昨日も稽古があったんで行ってきたんだけどね。

行ったら行ったで昇段審査を受けろとせっつかれるわけなんだな。

しょうがないってわけじゃないけど見られてる手前、昇段用の稽古をしなきゃいけないってわけだ。

とはいえ、それなりの地位の段になろうってわけだから特殊な技の稽古をしなきゃいけないんだね。

50過ぎたオヤジが日常生活では絶対に使わな動きをしなきゃいけないんだな。

日常で使わない動きをするってことは日常で使わない筋肉を使うってことなんだな。

普段使わない筋肉と思いっきり使うと当然、筋肉痛になるわけだ。

今朝、起きて覚悟はしてたんだけどやっぱり筋肉痛になってる。

普段使わないところが痛むと、どう動いて良いか分からなくなるんだな。

若い頃にはならなかったんだけどねぇ。

節々に油、注さなきゃダメかね。

基礎体力

  • 2018/04/15(日) 11:31:11

本人の望まざるところで話が進むなんてのは、そこそこあることなんだな。

来年の頭に、また昇段審査を受けなきゃならないんだと。

黒帯になって30年以上。

その間に昇段したこともあったけど武道って帯が黒くなるともう色は変わらないんだよね。

黒いまんま。

傍から見れば初段も二段も三段も同じ色。

七段になろうが八段になってもね。

ってことで今のままで良いと思ってたんだけど師匠からどうしても取れって。

まぁ、言いたいことは分かるんだけどね。

下の者の手前、上にいるのが上がっていかないとってのがあるからなんだろうね。

自分より強いんもんより段位が上には行きづらいって。

酒人としちゃ全然気にならないんだけど。

もともと肩書なんてもんに興味ないから。

それでもって言われるんで仕方なく受けることにした。

本当か今年中って言われたんだけど基礎体力を付け直したいんで来年ってことにした。

けど、段位を上げると大会で審判をやらなきゃいけなかったり、

下のもんの昇格審査をしたりしなきゃいけなくなるんだよねぇ。

そういうのってねぇ。

まぁ、やれって言われりゃやるけど。

ダイエットも兼ねて基礎体力向上しとくかな。

疲れるんだよねぇ。

稼ぎ時

  • 2018/04/11(水) 12:38:33

わざわざ荒川の向こう側まで餌を買いに行く。

楓の餌じゃなくて釣り餌ね。

愛車のキャノピーに跨り、強風にもめげずに走って行く。

そういえば交通安全週間真っ只中。

大きめの交差点にはお巡りさんがここぞとばかりに笛を吹いてる。

荒川を渡る手前でも白バイがトラックを止めてキップを切ってる。

その横で違う白バイが違反者を見つけたのかいきなりサイレンを鳴らしてUターンをして追っかけていく。

しばらく行くと物陰に隠れる白バイが2台。

また暫く行くと交差点を赤信号も気にせずに違反者を追いかける姿も。

稼ぎ時なんだねぇ、警察屋さんも。

普段なら捕まえないような違反まで捕まえてるような気がする。

とばっちりを受けないように安全運転。

交差点に止まるたびにお巡りさんがこっちを見てる。

止め易い原チャリってターゲットになりやすいからねぇ。

捕まることなく帰還。

警察より風の方が怖かったな。

浅草は裏が良い

  • 2018/04/10(火) 13:41:42

昨日も書いた通り、娘を入学式の会場まで連れていく。

参列はせずに合羽橋まで買い物をしに向かう。

会場から合羽橋まで浅草寺を横切る形で移動。

浅草寺、伝法院、6区、国際通りと通って合羽橋へ。

朝早くから観光客の多いこと。

ほとんどが外国人。

合羽橋で買い物を済ませ娘の入学式が終わるまで浅草の街をブラブラしようかと。

浅草ってとこもどんどん店が変わっていくね。

まぁ、観光客相手でやってるとこの話だけどね。

古くから残ってるとこも当然ある。

観光客が歩かないような裏道を通って行く。

浅草での修行時代に通ってた店がまだあったりすると嬉しくなるね。

別に、もう用はないんだけど。

観光客が行くような感じじゃない浅草って好きなんだな。

どこが表でどこが裏ってんじゃないんだけど、裏っかわの方が良い感じなんだな。

結構、こっちの方がおいしいお店があったりするんだよね。

そんなことを思ってるうちに娘から終わったから迎えに来いとの連絡が。

今日の観光は終わり。

また今度、女将とゆっくり来よう。