同田貫

  • 2018/02/22(木) 12:29:05

刀屋さんへ行ってきた。

月刊誌を買いにね。

で、いつも通り展示してある刀を見せてもらう。

久しぶりに酒人のイメージ通りというか理想に近い同田貫があった。

近いってのは長さがね。

2尺2寸7分。

反り4分と浅い。

元巾1寸1分で先巾8分2厘と身巾が広い。

重ねも2分4厘半と厚め。

鎬が高くとられていて重量感が半端じゃない。

酒人の好きな同田貫の強刀。

板目に大板目が交じる。

直刃。

良い感じ。

これで88ってんだから買いではあるな。

あぁ、金がない。

  • 2018/02/17(土) 17:22:14

いつも通り夜明け前から釣り場へ。

で、いつも通り釣れない。

でもって、ボウズってことで帰ってくる。

帰宅すると女将と倅がいない。

バーゲンに2人揃って行くって言ってたっけ。

飯でも食おうかと思ってると珍しく娘が早々と起きてきて出かける様子。

バイトに行くという。

初めてのバイトか。

本人よりも親の方が緊張するな。

ってことで自宅には酒人一人。

出かける気にもならず、ぼうっとする。

ぼうっとしながらも新しい料理なんてもんを考えてみる。

頭が固くなってきてるね。

ありきたりというか想像できちゃうようなもんしか思い浮かばない。

身体を動かそう。

今日は酒人の家の武門の師匠筋の誕生日でもある。

新暦に直すと3月15日なんだけど。

家に誰もいないってことで久しぶりに刀ではなく槍の稽古を。

身体が馴染んでない。

ちょいと真面目にやんないといかんな。

藁でも巻いて久しぶりに切ろうかな。

斬れるかな?

三条吉則

  • 2018/02/13(火) 12:33:15

最近、上半身しか使ってないんで下半身強化も兼ねてウォーキング。

歩いてると何故か刀屋さんへたどり着くようになってるんだな。

入り口を入りいつも通りのご挨拶。

店の中を見て回る。

薙刀直しの脇差が一振り目に入る。

三条吉則1尺4寸

反り3分弱。

元巾1寸1分で先巾9分4厘。

重ねは2分3厘。

地鉄は板目。

刃文が面白い。

丸みのある互の目が一つおきにポツリポツリと等間隔に盛り上がっている。

皆焼に見えなくもない。

なんとなく動きがあるって感じ。

一度見たら忘れない刃文だな。

重さも丁度いい。

65。

値段も丁度いいな。

好みではないけど。

相州正宗

  • 2018/02/11(日) 15:08:19

女将と二人で国立博物館へ。

刀の展示が新しく変わってるってのもあったし、

年パスを持ってるのにしばらく行ってなかったからね。

9時に家を出て上野の駅から歩く。

上野公園の中を歩くと凄い行列。

パンダを見たいって人達の列。

何時間並ぶのか知らないけどパンダを見るのにそこまでねぇ。

博物館の中に入って真っ先に刀の展示ブースへ。

ここにも行列が。

刀剣女子。

あちゃ、彼女らの存在を忘れてた。

日曜日に刀なんぞを見にきちゃいけなかったな。

相州正宗だけちょこっと見る。

平日に出直そう。

神田に釣具屋まで歩くことに。

久しぶりに上野から神田まで歩いたけど結構、街の中が変わってきてるな。

釣具屋さんでイソメを買って帰ってくる。

酒人には美味そうには見えないけど魚にはたまんないんだろうな。

さて、どんなもんかな。

源盛縄

  • 2018/01/26(金) 13:29:08

刀屋さんへ。

月間の本を買いにね。

店に入り、寒いねぇって会話を交わしながら刀を見せてもらう。

腰反りの細直刃の刀が一振り。

源盛縄

「もりつな」って読むらしい。

なわじゃないんだな。

2尺2寸3分

反り9分

重ね2分7厘

どっしりとした刀だな。

室町末期の金剛兵衛派の小鍛冶。

実戦向きだな。

良く斬れそうだ。

板目に柾が掛かる。

吸い込まれそうな感じ。

良い刀だ。