FC2ブログ

祐永

  • 2019/05/24(金) 12:34:19

刀屋さんから引っ越しの案内が来てたんで行ってきた。

引っ越すのが好きな刀屋さんなのか酒人が知ってるだけでも2回目の引っ越し。

前のとことほぼ同じくらいのとこ。

無駄話をしながら刀を見せてもらう。

横山加賀介藤原朝臣祐永。

1尺3寸弱の脇差。

反り3分。

元巾9分2厘。

先巾6分6厘。

重ね2分9厘。

小板目に地沸がこまくつく。

刃文は尖り調の三角刃が綺麗に並んでる丁子刃。

帽子は大丸。

なかなか華やかな感じの脇差。

ちょっと派手すぎるけど。

48だって。

悪くはない。

ちちゅのあみ

  • 2019/05/22(水) 12:38:47

ちちゅがあみをはりてほうおうをまつ。

略して「ちちゅのあみ」ともいう。

ちちゅってのは蜘蛛の事。

漢字で書くと「蜘蛛が網を張りて鳳凰を待つ」

言葉の通り蜘蛛が鳳凰を捕まえようとする様子なんだけど。

意味としては力がないものが強大なものに立ち向かおうとするはかない抵抗や、

無意味な太刀打ちってことなんだけどね。

今じゃ蟷螂の斧なんかと同じ意味だと思えばよいかな。

最も蟷螂の斧は敵わないまでも敢えて挑む勇者の姿が本来の意味なんだけど。

今日、刀屋さんで蜘蛛の巣の透かし彫りの鍔を見つけたんでふと思い出した。

どういう意味で蜘蛛の巣の鍔を作ったのか興味がわいたって話ね。

調べてみよ。

越前康継

  • 2019/04/23(火) 13:11:18

刀屋さんへ行ってきた。

いつもの本を買って展示してある刀を見ながら雑談。

康継の脇差を見る。

越前三代四郎右衛門の1尺6寸8分。

反り3分4厘。

元巾1寸1厘、先巾6分5厘。

重ね2分3厘。

鎬が高く重ねが厚めのどっしりとした脇差。

良く錬れた板目に大き目ののたれ。

地鉄が黒く見えるのは南蛮鉄を使ってるからだろう。

康継らしい刀。

葵紋が誇らしげにある。

良い刀だ。

60。

端午の飾り

  • 2019/04/10(水) 12:03:15

桜ももう散っちまって汚くなってきた。

桜も終わりだな。

ってことで端午の節句の飾りをすることにした。

例年通り酒人の後ろに刀の大小と短刀を飾る。

槍はいつも通り。

さて弓はどうしよう。

毎年、弓だけは長すぎて邪魔になるんだよね。

出すにしても弓だけってわけにはいかないんで矢もってことになるでしょ。

出しても良いんだけど皆の目は刀の方にしか行かないしね。

もう少し考えて気が向いたら出すことにしようかな。

気は向くんだろうか?

据物切り

  • 2019/04/07(日) 11:59:25

昨日の稽古でのこと。

年度の決算報告会。

酒人も道場の幹部ではあるんで一応、署名捺印ってことをする。

今年は良い塩梅に真っ直ぐ縦に判子が押せてちょいと喜ぶ。

そのあと試斬を行う。

拳法とは関係ないけど剣法の方で。

精神統一には良い稽古になるんだな。

みんなで交代で斬っていく。

なかなか斬れないんだよね初めての人って。

酒人も何本か斬る。

久しぶりだと手元がね。

それでも気持ちよく終了。

また家でもやろうかな。

桜が散ったら店に刀も飾るしね。