FC2ブログ
コンテントヘッダー

ピンチ汁

昨日、倅が久しぶりに帰ってきた。

いろいろと用があって帰ってきたんだけど飯も食って酒も飲んでった。

まぁ、それは良いとして。

問題はその後。

久しぶりに帰ってくると猫を構いたくなるんだろうな。

可愛がりたくなると言っても良いだろう。

ただね、楓の方は多少でも長く一緒に暮らしてたんで直ぐに抱っこもさせてくれる。

虎徹の方よ。

半年くらいしか一緒にいなくてね、倅は一人暮らしをしに行っちゃったもんだからね慣れてないの。

それでも倅は可愛がりたいから追っかけまわすんだな。

虎徹は当然逃げるでしょ。

そうなると酒も入ってるせいか余計に構いたくなるみたい。

虎徹も必死よ。

そうするとなんか臭いにおいが漂ってきた。

長い間、忘れてたけど猫のピンチ汁の匂い。

猫って肛門腺のとこに臭腺があるんだよね。

危険になると臭いにおいを出すの。

猫も犬も遠くさかのぼればスカンクと同じ祖先なんだと。

長い年月の間に猫のは退化してってるんだけど、

まるっきりないわけじゃないんだな。

久しぶりに嗅いだ。

倅は虎徹のためにとっとと帰らせた。

可哀想にねぇ。
コンテントヘッダー

共存共栄

共存共栄というよりは持ちつ持たれつ。

ギブアンドテイクってことかな。

ウィンウィンってぇと両者が利益を得るっていうポジティブ感があるからちょいと違うかね。

最近、夜寒いでしょ。

楓が布団の中に入ってくるんだよね。

まぁ、猫の体温ってのは暖かいからこっちも有難いっちゃ有難いんだけど。

ただ腕枕しなきゃいけないんで肩が凝るんだよね。

それに酒人の布団に入ってれば虎徹にちょっかい出されずにゆっくり眠れるってとこだろう。

利があるのは楓の方が大きいかも。

可愛いから癒しになってるって面じゃ酒人にも利があるんだろうけど。

夜中の追っかけっこがない分、静かになって酒人も寝られるしね。

2月いっぱいくらいは一緒に寝るのかなぁ。
コンテントヘッダー

猫の羽

道場で先生に鳥の羽を数種類貰ってくる。

中には貴重なものもあるらしい。

先生はフライをやってるんで酒人のやってるテンカラより、

はるかに多くの種類の毛鉤や精巧なのを作るんで材料もいろいろ持ってるんだな。

テンカラの毛鉤なんて適当なので何とかなっちゃうんだけどね。

それを貰ってきて巻くわけなんだけど。

これがなんと虎徹の大好物。

食うわけじゃないんだけど遊ぶのに最高らしいんだな。

もともと猫のおもちゃで鳥の羽が付いてるのがあるってことは、

猫と興奮させる要素が羽にはあるんだろうけどね。

大事なんだよねぇ。

仕舞っといても器用に引っ張り出してくるんだよねぇ。

何か鍵付きの中にでも仕舞っとかなきゃダメなんだろうねぇ。
コンテントヘッダー

猫の相性

虎徹が我が家に来てから9か月。

いまだに先住猫の楓とは相いれない仲なんだな。

虎徹の方は楓に興味があるらしく近づいて行くんだけどね。

楓の方がダメなんだな。

50cm以内にくると「う~!」と唸る。

で猫パンチ。

それでも虎徹が近づくと逃げる。

追いかける。

家の中でかけっこが始まる。

テーブルの上も食器棚の上もお構いなし。

あたりは散らかし放題。

挙句の果てには酒人のことも足蹴にしていく。

昨日なんかは階段の上からダイブしてくる。

昼夜関係なく。

寝不足。

ついでに打撲も少々。

可愛いから許しちゃうんだけどそれがいけないんだろうね。

こっちの身体がもたなくなりそうだ。
コンテントヘッダー

歯固め

一昨日、女将からラインが入った。

洗濯機の排水ホースから水が漏れてると。

見てみると細かい穴が開いてるらしい。

どうやら原因は虎徹らしい。

生まれてから半年経ってるんで今がやんちゃの盛りなんだろう。

それに身体の成長とともに人間と同じ現象が起きてるのかも。

歯固めじゃないけど噛むんだな。

興味本位ってのもあるかもしれないけど。

帰ってきてとりあえず直しといたけどまた何か噛まれるとねぇ。

猫の歯固めってないもんかねぇ。
プロフィール

猩猩おやじ

Author:猩猩おやじ
純粋に酒が好きな酒人です。
日々の生態を記録してます。
悪口以外のコメント、お待ちしてます。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる