ネイティブトラウト

今度、道場の仲間と釣りに行こうって誘いに倅も行きたいと言い出す。

竿は2本あるんで倅の分も間に合う。

ただ、酒人としては2本を使い分けしたいんだよね。

そういえばと思ってクローゼットの奥を探してみる。

あった。

コンパクトロッド。

5.4ftのテレスコ。

振出のロッドね。

畳むと40cmくらい。

20年くらい前にネイティブトラウトをやってる時に購入していたもの。

ってことで、倅には通常のロッドを貸してやって酒人はコンパクトロッドと2本で使いまわすか。

コンパクトロッドが見つかったってことは今年は城巡りじゃなくて渓流釣りに行ってみようかな。

行けるかなぁ。

エリア

昨日の夜、サボるつもりではあったのだが女将に行けと言われ渋々稽古に行く。

結婚式に出た後ってのは何か疲れるんだよね。

道場に入った途端、先生が「おお!よく来たな!」

新婦の父に良く来たなと言われ「本当だよ!」と思いつつ着替える。

じっくりと準備運動。

ジジィの身体は硬くなってるからしっかりと伸ばさなきゃ切れちゃうからね。

とは言いつつも、はなから渋々来たくらいだから身体を動かす気もない。

後輩に教えてくれなんて言われ仕方なく立ち上がるってくらい。

とは言っても、自分の稽古のちっとはやっとく。

なんか昇段しなきゃいけないらしいからね。

稽古の終盤、明日釣りに行くという話が。

前から誘われちゃいたんだけど女将が仕事しろって言うもんだから仕方なく断る。

成田にある管理釣り場に行くんだと。

久しぶりに釣れる釣りに行きたいと思ってウズウズしてるところなんだけど今回はスルーする。

隅田川へでも行ったランカーでも釣るかな。

難しいな。

ところで渓流にも行きたいなぁ。

ルアーで。

難しいから楽しいんだけどね。

さて。

クルーズ船

中指の先っぽを怪我しちゃったんで今日の稽古はさぼることに。

大したこたないんだけど衝撃を与えると血が滲んでくるんでね。

ってことで、道場には行かないんだけど釣りには行こうかと。

夕方の5時に釣り場に到着。

誰もいない。

日没の一時間前から陣取ってるのなんていないのかね。

黙々とルアーを投げる。

日が暮れるとともに目の前を電飾を煌々と付けた屋形船が行き来する。

夕方からが屋形船の書き入れ時なんだな。

ちょっとした大船団。

とっぷりと日が暮れたころ、日本橋のクルーズ船が目の前で停止した。

船の後ろを橋に向け電飾の掲示板で宣伝文句を流し始めた。

目の前にいるんでルアーを投げることもできず、ただ待つ格好に。

数分、停留して戻っていった。

川ってのは基本的にだれでも自由に使えるらしいが考えたもんだね。

さて、明日の朝にまた出直そう。

朝まずめ

昨日の仕事終わりにロッドを持って川へ行く。

大潮から中潮に変わる日付の干潮前。

先客がいっぱい。

あまり良く無い場所しか空いてないがしかたがない。

投げてみる。

なんの反応もなし。

先客達もなんの手ごたえもないようだ。

朝に出直そうと一旦帰宅。

日が昇る前に川へと戻る。

良い塩梅に誰もいない。

上げ7分ってとこ。

魚がいりゃ釣れないわけがない。

ところがどっこい。

いないんだなぁ。

いや、いるのかなぁ。

なんの反応もなく朝まずめ。

上流から流してきたアングラーが近寄ってきて話しかけてきた。

上流の方も駄目らしい。

ちなみに言葉のイントネーションから中国人らしき人。

隅田川もグローバルになってきたもんだ。

グローバルが何だかは別にして大潮で満潮になってきた川に浸かっていた長靴に水がしみてきた。

長靴に穴が開いている。

早々に釣りと止め帰宅。

ホームセンターが開く時間を待ち、パンク修理のキットを買ってきて長靴に貼り付ける。

新しいのを買う金すらないんで長靴までツギハギ。

貧乏っていやだねぇ。

カヤックフィッシング

ウォーキングついでにアウトドアショップへ。

やるつもりはないんだけどカヤックフィッシングってのに興味を持っちまったもんでね。

まぁ、フィッシングってのはついでの話でカヤックっていくらくらいで買えるのかなってことね。

結論から言えばピンキリ。

キリでも6~7万。

安かないね。

フィッシングに使えるのってぇと20万くらいするんだな。

ちなみにカヤック本体だけの値段でパドルとかのオプションは別料金ってことね。

釣りで使えるようにするにはパドルだけじゃなくロッドホルダーみたいのだって必要だし、

アンカーだって、フラッグだって必要になる。

知識に置ない酒人が必要になるって思い出したものだけでもこんだけあるんだから、まだまだ何かしら出てくるだろう。

ってことは30~40万はかかるんだろうな。

それにカヤックを置く場所の確保ってのも必要になる。

絶対に邪魔だって怒られるパターンだな。

それとカヤックで川に入っていく場所。

大横川からじゃ無理だろうし川に降りていける場所までの移動手段ってのも問題になってくる。

なんだかんだ言って無理なんじゃん。

ゴムボートででも良いかな?

川の真ん中で空気が抜けて沈没ってのは目に見えてるけど。

はて。