FC2ブログ

濁りの中でのシーバス

  • 2019/05/23(木) 12:32:19

一昨日の雨で川が濁っている。

上流からのゴミも流れてくる。

水草なんかも大量に流れてくるんだけどね。

今の時期のシーバスってのは殆ど表層を攻めていくのが定番。

フローティングっていう水に浮くようなルアーで釣っていくんだけどね。

ゴミや水草が流れてくるんじゃ釣りにならないんだよね。

まぁ、それはそれで違う攻め方があるんだけどそれでも水草がからんで来る。

釣りになりゃしない。

そんな中で釣り上げた1匹ってのはうれしいもんなんだな。

50cm。

正確には48cmなんだけど。

いやぁ嬉しかったなぁ。

遠征

  • 2019/05/20(月) 13:19:19

シーバスを釣っているといろんな人に出会う。

基本的にシーバスってのはランガンしながら釣っていく人が多い。

ランガンってのは場所をどんどん移動しながら釣っていくことね。

酒人は横着なんでずっとおなじとこでやってるんだけど。

そうなるとランガンしてる人達から見るといつもいる人ってことになるんだな。

ってことはこの場所について詳しいだろうと思うんだろう。

話しかけてきて情報を聞き出そうとしてくる。

内緒にするつもりはないんで知ってることは全部しゃべっちゃうんだけどね。

そうすると聞いてきた方も申し訳ないと思うのか他の場所の情報も教えてくれるんだな。

行きもしないようなとこのことがやけに詳しくなってくる。

行ったこともないのにその場所を熟知してきちゃうんだな。

今度行ってみようとも思うんだけど遠いからなぁってことになる。

横着だからねぇ。

今度、色々と行ってみようかね。

ウズウズ渓流

  • 2019/05/14(火) 12:50:50

思い立ったらすぐに動かないと気が済まないっていう厄介な性格。

とはいえ解禁ってことになってから2ヶ月も行ってない。

連休や土日に行けば良いんだけど釣り場は荒らされてるだろうし、

土日は昇段の稽古があるんで道場を休むわけにはいかない。

行けないと思ったら尚更行きたくなるんだな。

ってことで平日に行くってのはどうかって考えた。

夜中に家を出て明け方くらいに現地に着く。

昼くらいまでやって夜の営業に間に合うように帰ってくる。

これなら女将に怒られることもないだろう。

とはいえ酒人の体力が持つか。

急いで帰ってこなきゃいけないんだけど事故は気を付けなきゃいけないし。

まぁ、一度やってみてってとこだな。

天気の良い日を選んで実行してみよう。

さて、どうなるか。

シーバスポイント

  • 2019/05/08(水) 12:34:44

ボートで湾奥のシーバスを釣って感じることなんだけどね

こんなとこにシーバスが溜まってるのかって改めて知ることが出来る。

面白いようにバイトがあるとこってのは陸からは全然届かないとこなんだな。

が、ロッドとルアーを変えれば届かせることはできそう。

ただ距離が遠ければキャストの正確さもぶれるんだな。

たかが10m先のとこなら狙ったとこに落とせるけど100mも離れるとかなり難しい。

直径1mくらいの円の中に落とせるくらいの正確さが欲しくなるもんな。

飛ばせるロッドじゃ硬くなるからヒットしてから取り込むまでも問題がありそうだし。

今夜、いっぺんやってみようかな。

楽しいだろうか?

湾奥ボートシーバス

  • 2019/05/07(火) 12:24:36

昨日の夜、道場の先生がボートシーバスに連れってってやるってんでついていく。

先生はフライで酒人はルアー。

東京湾マリーナから出航。

まずは東雲運河からスタート。

船長がバチパターンだってんでバチルアーで攻めてみる。

一発。

早々と当たる。

で、ばらす。

こんなに簡単に来ると思ってなかったんで心の準備が出来てなかった。

とはいえ次もすぐにヒット。

ここで数本上げる。

豊洲運河へ移り釣り始める。

ここは酒人がいつもやってる所と目と鼻の先。

水門下を攻めると面白いように魚が跳ねてる。

ここでも数匹。

いつもの場所と200mほどしか離れてないのにこんなにも釣れ方が違うのかと実感。

とはいえ陸からはルアーは絶対に届かない場所なんだな。

そのあと隅田川の出口で。

晴海ふ頭の先まで移動しラスト。

結果、釣り上げたのは10本くらいかな。

ばらしたのを入れれば20くらいいってるかも。

6匹まで数えてたけどその後はっきり覚えてないや。

今度は秋口の青物狙いで行きたいかな。