吉原國家展

朝から無茶苦茶、風が強い。

おまけに天気予報じゃ午後っから雨が降るってなこと。

てなこって午前中にウォーキングを済ましちまおうってんで家を出る。

足首に若干の痛みがあるんで近場で済ますことに。

目的地は日本橋の高島屋に設定。

6階の美術画廊で吉原國家展をやってるんでね。

東京都の無形文化財に認定されてる刀工ね。

強風に煽られながら必死で歩く。

だいぶ暖かくなってきたせいか桜の蕾が直に咲きそう。

どっかの家のトタンが飛ばされてた。

春一番の代わりに吹いてる風なのかな。

なんとか高島屋に到着。

早速、展示会場へ。

太刀や打ち刀、脇差に短刀、小刀など十数振り。

備前伝を受け継いでる人だけに刃文は重花丁子の刃文が多い。

綺麗な刀がズラリと並ぶ。

刀ってのは一本一本を丁寧に見ていると疲れるね。

魂を吸い取られそう。

喉が渇いたんで帰って来た。

4月3日までやってるから興味ある人は是非。

見るだけなら只だから。