クルーズ船

中指の先っぽを怪我しちゃったんで今日の稽古はさぼることに。

大したこたないんだけど衝撃を与えると血が滲んでくるんでね。

ってことで、道場には行かないんだけど釣りには行こうかと。

夕方の5時に釣り場に到着。

誰もいない。

日没の一時間前から陣取ってるのなんていないのかね。

黙々とルアーを投げる。

日が暮れるとともに目の前を電飾を煌々と付けた屋形船が行き来する。

夕方からが屋形船の書き入れ時なんだな。

ちょっとした大船団。

とっぷりと日が暮れたころ、日本橋のクルーズ船が目の前で停止した。

船の後ろを橋に向け電飾の掲示板で宣伝文句を流し始めた。

目の前にいるんでルアーを投げることもできず、ただ待つ格好に。

数分、停留して戻っていった。

川ってのは基本的にだれでも自由に使えるらしいが考えたもんだね。

さて、明日の朝にまた出直そう。